組織

 

例会委員会

 

事業計画

  1. 会員の拡大活動(通年)
  2. 例会(1月~12月)

我々は地域の発展を牽引する力強い組織となるよう、各活動に向けて相互に意識の高揚を図り、情報交換を行いつつ連携を深め、次代のリーダーとしての資質向上に努めてきました。これからもJC活動の基盤である例会で、会員が一堂に会し、組織の目指すべき方向性を確認するとともに、一人ひとりが自らの資質を磨き、相互に交流を深めつつ切磋琢磨し、これまで以上に強固な絆を創りあげることが必要です。

まずは、全会員が例会で発信される情報をしっかりと理解するために、当委員会が例会の運営に対しての責任と緊張感をもち、佐世保青年会議所らしいメリハリのある例会を創りあげます。そして、会員に各事業へ率先して参加する意識を持って頂くために、全会員が主役であるという意識を持って頂ける例会を構築し、会員同士がさらに連携を図る機会の創出をします。さらに、全会員の例会への出席意識を高めるために、委員会が各事業へ積極的に参加し、他委員会との友好を深め、お互いが支え合う環境を創りあげます。また、会員の更なる成長のために、一つでも多くの気付きや学びを得ることができる例会を構築し、会員の資質向上に力を注ぎます。そして、委員会メンバーが例会運営に能動的に取り組めるよう、それぞれの役割を明確にしたうえで、綿密に計画を立て、委員会内での連携を密にし、事前準備・段取りを確実に行います。さらに、周囲に好影響を与えることのできる委員会となるために、年間を通じて、全会員への感謝と敬意を忘れない委員会運営を心掛け、失敗を恐れずに議論を重ね、委員会の役割と責任を全うします。

例会を通じて、会員一人ひとりがLOMの方向性を見据え、能動的に活動を行うとともに、自ら輝く次代のリーダーへとさらに成長することに繋げます。また、会員同士の絆が深まり、LOMがこれまで以上に地域の発展を牽引する力強い組織となります。