まちづくり国際委員会

 

●会員の拡大活動(通年)
●GTSを主眼としたコーントライ夢中学校訪問(4月)
●10年ビジョンの実現へ向けた佐世保の魅力を全国に
 発信する事業の開催(7月)
●JCI KOREA東釜山との交流(4月、9月、10月)
●させぼ未来創造フォーラム・ワーキンググループへの
 参画(通年)

 

国際都市としての魅力ある事業を。

 地域で率先してまちづくりを進めてきた我々が、地域が抱える諸問題の解決に向けて今後も地域のリーダーとして影響力ある組織であるためには、「来たい 住みたい 日本一 SASEBO」の実現という我々が掲げた目標の達成に向けて、常に能動的に行動し続ける必要があります。また、国際情勢が政治的にも経済的にも激しく変動する中、我々が未来を切り拓くために、国際的な感覚を持ち合わせた人材を育成する必要があります。
 まずは、年間を通じて積極的な会員拡大活動に取り組みます。そして、謙虚さと協調性を忘れずに、全員が真摯に事業に取り組み、責任感と自覚を持って楽しく笑顔で個々の役割を全うすることを目指した委員会運営を行うとともに、LOMの一員として事業に積極的に参加します。その上で、地域の未来に向けて他団体との連携を深めるとともに、佐世保だけでなく他地域の自治体を巻き込み、国際都市としての特色を生かした注目を集める事業を行うことで、全国に向けて広範囲に佐世保の魅力を発信します。

 

歴史ある国際交流で、さらにグローバルに。

 また、わが国では想定できないようなコーントライ夢中学校やカンボジアの現状を具体的に知ることを通じて、自ら考えて行動に移す力を養い、我々の学びの場とします。さらに、東釜山青年会議所との相互交流を実施し、より一層の親睦を深めます。
 1年間の活動を通じて、地域の特色を生かしたわがまちの取り組みが広く波及し、地域の価値がこれまで以上に高められるとともに、我々一人ひとりが、グローバルな視点で物事を考え、行動していくことのできる、意識の高い魅力的な人材へと成長します。