青少年育成委員会

 

●会員の拡大活動(通年)
●第45回JC旗争奪少年サッカー大会の主催(1月)
●夢を見つけ、誇りを持って住み続けたいと思えるような
 事業1(4月)
●夢を見つけ、誇りを持って住み続けたいと思えるような
 事業2(8月)
●第50回JC旗争奪柔道大会の主催(9月)

 

スポーツが持つ可能性を信じて。

 近年、子ども達を取り巻く環境は様々な問題にさらされており、その中でも人口流失などの変化がおきています。これからの佐世保を担う子ども達が夢と誇りを持ち住み続けたいと思えるように、大人と子どもが未来について一緒に考えていかなければなりません。
 まずは、年間を通じて積極的な会員拡大活動に取り組みます。そして、スポーツを通して心身の発達に寄与するために、長年培われてきたJC旗争奪少年サッカー大会において、関係諸団体と連携し、運営を支援します。50周年を迎えるJC旗争奪柔道大会においては多くの可能性が見いだせる機会を提供します。

 

子供たちと、佐世保の未来のために。

 また、各種団体と連携し、世代にとらわれず子ども達がこのまちで夢を見つけ、誇りを持って住み続けたいと思える事業を行います。これまでの活動を活かし、子ども達にこのまちの魅力を伝え、問題に向き合い意識を向上させ、このまちに発信します。さらに、委員会運営においてはメンバー間の繋がりを密にし、個々が持つ知識や経験を学び、お互いを尊重し目的達成に向かうべく協力することで委員会の結束を高め一丸となって、繊細さと行動力を備えた人材へ成長します。
 これらの事業を通して、このまちの魅力を伝えながら、子ども達と大人が未来に向き合い自分たちの考えを発信することで、子ども達の意識を向上させ、夢と誇りを持ち住み続けたいと思える明るい豊かな佐世保を創造します。