10月24日(土)15:00より佐世保市民会館におきまして、『いのちのフォーラム~たった一つの宝物~』が開催されました。

IMG_2292

 

昨今、核家族化の進行により現代の子ども達にとっていのちに関わる場面にふれる機会が少なくなっています。その結果、生や死の持つ意味やいのちのかけがえのなさについて考える機会が失われつつあるため、我々大人が子ども達にいのちについて見つめ直してもらうことが必要であると考え、このフォーラムを開催しました。

IMG_2227

IMG_2210

IMG_2241

 

 

 

 

 

まず第1部では、いのちの大切さについて学んでいただくために、幼いカズ君が難病と闘い、その短い一生を終えた映画「愛してるよカズ」を上映し、その後カズ君のお母様である光武綾氏より、いのちの尊さや家族愛についての講演が行われました。

IMG_2249

IMG_2249

IMG_2272

 

 

 

 

 

続いて第2部では、子ども達に生きる希望を与えるための活動をされている永井啓子氏が講師を務め、「生きる力、いのちの輝き」をテーマに講演が行われました。

IMG_2268

IMG_2206

IMG_2143

 

 

 

 

 

この日訪れた多くの参加者の皆様は、貴重な講演を通して、自他の生命を尊重して生き抜こうとする心を育んでいました。