第2回後期新入会員研修

第2回後期新入会員研修

2014年8月31日(日)、世知原青少年自然の家におきまして第2回後期新入会員研修が開催されました。

2回目の研修は、議案プレゼン研修、3分間スピーチ、共同奉仕作業、スポーツ研修が行われました。


議案プレゼン研修では、新入会員に「我々が地域に対してできる事」をテーマに自由な発想で議案を事前に作成してもらい、5分間でプレゼンを行ってもらいました。その後、メンバーから質問をして頂き、それに対し新入会員は答弁をしました。議案を作る事とプレゼンの難しさを体感し、佐世保青年会議所の事業が構築される一連の流れを体感してもらい、即戦力としての力を養うことを目的としています。

また、その場でお題を与えて3分間スピーチを行いました。限られた時間の中でしっかり時間配分を認識し、緊張感のある中でスピーチする事の難しさを体感してもらいました。そしてメンバーからフィードバックを頂きました。


共同奉仕作業では、新入会員よりオブザーバーとして参加したメンバーに昼食を作ってもらいました。新入会員全員で共同奉仕作業を行うことで、積極性、連帯感を高め、奉仕と感謝の心を養い、そして語り合いながら食事をする事で友情も深めることができました。


午後からはスポーツ研修としてバスケットボールを行いました。チームスポーツであるバスケットボールを行うことで、相互の友情や連帯感、達成感を味わい、さらなる結束に繋がることを目的としています。新入会員、メンバー全員でお互いを励まし合って、真剣にプレイすることができました。

最後に廣瀬監事よりオブザーバー講評を頂き、一日の研修が終了しました。