7月100%例会

7月例会

2014年7月15日(火)
ライフステージアイトワにおいて「7月100%例会」が開催されました。
今回の例会は50分の短縮例会とし、その後商工会議所青年部とのシーサイドフェスティバルに向けて合同決起会そして懇親会と続きました。
理事長のもと全メンバーが集い、2014年度後半戦への士気を高めるとともに、間近に迫った第10回させぼシーサイドフェスティバルの成功に向けて佐世保青年会議所と佐世保商工会議所青年部の両団体がシーサイドフェスティバル実行委員会の皆様とともに例年以上に絆を深め、更なる団結と意識の高揚を図ることを目的に開催されました。

例会は山下理事長の挨拶から始まり、九州地区大会の参加御礼やサマコンや各種事業への参加依頼が行われました。

 

今回の例会は50分間の短縮例会でしたので、各種報告、依頼伝達の後に今月の誕生祝いとなりました。
7月生まれを代表して池富君から挨拶がありました。
そして米倉君によるニコニコボックスが行われた後、廣瀬監事による監事講評が行われました。

 

その後、会場を移し佐世保商工会議所青年部(YEG)と合同のシーサイドフェスティバル総決起会へとなりました。
総決起会では最初にオープニングムービーが流され、宇野実行委員長、佐世保青年会議所山下理事長、佐世保商工会議所青年部吉野会長からそれぞれ挨拶が行われました。
両団体合わせて200人以上のメンバーが参加し、シーサイドフェスティバルへの気持ちが大いに高まりました。
その後、させぼ開発委員会木下委員長とYEG濱口委員長からメイン企画の説明が行われ、各担当別の説明が行われました。
花火、警備、設営、渉外、広報、協賛、各イベントごとにメンバーが何を担当するのかが確認され全員でこの祭りを行う意識が共有されました。
最後に両団体の副実行委員長であるJC西田副理事長とYEG戸畑副会長によるシュプレヒコールが行われ全員の団結が高められました。

 

懇親会では池田直前理事長の乾杯の音頭でスタートし、両団体のメンバーで大いに盛り上がり絆を深め、シーサイドフェスティバルに向けて一致団結して臨むための総決起会、懇親会となりました。