理事長挨拶Top of 社団法人佐世保青年会議所 2011年HP

logo1.jpg


理事長挨拶

4月挨拶

社団法人佐世保青年会議所のホームページを日頃より御覧頂きありがとうございます。

3月11日に起こりました東日本大震災より一ヶ月か経過いたしました。改めまして被災にあわれた皆様方に対しまして心から哀悼の意を表すと共に御悔み御見舞いを申し上げます。またこの震災に当り義捐金等への市民の皆様のお気持ちに対しまして感謝申し上げます。本当にありがとうございます。福島の原発をはじめ度重なる強い余震等によりまだまだ災害が終息したとは言えない状況の中、復興に対して熱い思いを持ち活動されている方々へ対して心から敬意を表しますと共に、我々もこの佐世保の地から少しでもお役に立てることを考え今後もこの震災と向き合って参りたいと思っております。皆様方の今後も変わらぬご支援ご協力をよろしくお願い致します。
さて、桜の花も満開を向かえ新年度の始まりと共に御入学など新たなスタートをお迎えになられた方々も多数いらっしゃると思います。スタートの時こそ今後の展望を思い描きしっかりとしたビジョンを持つ事も必要であると感じております。特に未来を担うこども達には夢や目標をしっかり持ってもらうよう、そばで支える大人の力が大変重要になってまいります。けして大人の考えを押し付けるのではなく純粋無垢なこどもらの考えを引き出していく事が大事であります。是非まわりの子供達とたくさんの会話をし、多くの事を気づき発見し大きな夢への原点としていただきたいと思います。我々青年会議所でも数多くの青少年への取り組みを行っております。
地域と共に未来を担うこども達の育成を行うことから明るい豊かなさせぼの未来への創造に向って邁進して参ります。
 最後になりますが、青年会議所メンバー一同、震災により日本全体が元気を失い掛けている今だからこそ、このさせぼの地より一人ひとりにできる事をしっかり考え行動を起こし、被災地の方々と共に元気な日本の復興に向けて活動してまいります。今後とも社団法人佐世保青年会議所の活動にご理解ご協力をお願い申し上げ私の挨拶とさせていただきます。